J-POWERグループについて

J-POWER(電源開発株式会社)は、全国的な電力不足を克服するため、1952年に設立され、水力発電、火力発電、送変電設備の開発を進めてきました。また、地熱発電、風力発電などの再生可能エネルギー事業や海外における発電・コンサルティング事業まで幅広く事業を展開しています。

J-POWERグループは、「人々の求めるエネルギーを不断に提供し、日本と世界の持続可能な発展に貢献する」という理念のもと、各分野のスペシャリストとして電力の効率的・安定的な供給と環境保全の両立を図り、電力の安定供給を支えています。

J-POWERグループについて

関連会社リンク